公務員になるには?疑問解決サイト

万全の試験対策を!公務員になるにはガイド

 

地方公務員試験のお役立ち情報

地方公務員とは?

地方公務員とは、都道府県・市町村など、地方公共団体で公務を担当する全ての公務員のことになります。

役所に勤務している人ばかりではなく、警察官や消防官、公立の学校、病院、図書館、福祉施設の職員や上下水道、清掃などに携わっている人たちも地方公務員になります。地方公務員は福祉・教育・環境・産業振興・まちづくりなど、多彩な分野の仕事に携われます。住民との接点が多く仕事の成果がよくみえるので、やりがいのある仕事です。

地方公務員試験の種類

地方公務員採用試験は、それぞれの地方自治体が独自に行っています。そのため試験内容や受験資格は地域によって異なりますが、上級(大卒程度)、中級(短大卒程度)、初級(高校卒程度)と分けて行われることが多いです。

また東京都のようにⅠ類・Ⅱ類・Ⅲ類と分けて実施している地方自治体もあります。試験区分は事務、土木、電気、水産、建築、福祉といった具合に分かれている自治体が多いです。

なお、警察官や消防官、看護師、薬剤師、保健師などの専門職は、多くの場合、個別に試験が行われているのが実情のようです。

 
 
公務員になるには?疑問解決サイト